【ご報告】来年から真剣に働くことになりました

普段から僕のブログを読んでくださっているファンの方なんて居ないと思うので、報告する必要もなかったのかもしれませんが、自分の記録用として書いておこうと思います。

詳しい日程はまだ決まっていないのですが、来年から現在アルバイトとして働いている飲食店で正社員として働くことになりました。

正社員について思うこと

ネット上では非正規(派遣・契約・パート・アルバイト)の人を煽るようなコメントを目にする機会がよくあります。たとえば、「でもお前バイトじゃん」とか。

こういうコメントには「正社員になれないくせに何言ってるの?」とか「自分の立場が分かってる?」みたいな、ニュアンスとして僕は受け取っているのですが、でも実際のところ、正社員って今の時代は若ければ簡単になれるし、飲食業の正社員はベテランバイトよりも立場が弱かったりするので、正社員ってだけで人生が好転するようなことにはならないよなぁってのが今の率直な感想です。

まあ実際は、正社員になることで人生が好転するような人も数多く居るのでしょうが、少なくとも外食産業の多くの会社はアルバイトの方が精神的にも時間的にもラクですし、手取りだけで見たらアルバイトの方が良かったりすることも大いにあります。実際、僕の場合手取り額が下がることは既に判明しているし(残業次第で追い抜く可能性は高いですが)。

なので、正直、正社員は今の僕にとっては荷が重いというのが正直な気持ちです。

じゃあなんで正社員になるの?

この会社の正社員になろうとは一度も思ったことがありませんでしたが、店長から声を掛けて頂き、考え始めたのがきっかけです。

正直、上記で書いたとおり、あまり気持ち的には進まなかったのですが、親を安心させたいというのもありますし、嫌なら大学を中退したときのように会社を辞めればいいという考えに最終的に至ったので、とりあえずはフリーター生活に終止符を打っておくことにしました。

飲食業にも関わらずブラックではありませんのでいつまで続くか分かりませんが、とりあえず来年からは真剣に働いていこうと思います。

生涯続けるわけではない

外食産業で働きたいかと言われたら、皆さん「No」というでしょう。僕も、完全なノーとまでは言いませんが、生涯この業界で働きたくはありません。二、三年後をめどに転職を考えています。

ただ、二、三年後に「この業界で働きたいな」という考えに変わっていたとしても、今の会社を続ける気はありません。中小企業なのでキャリアアップが難しいので…。運良く店長クラスに昇格できても10年くらいずっと同じ椅子に座り続けることになるでしょう…。

このブログももうすぐ一周年を迎えますが、今後も更新を続ける予定なので、二、三年後どんな報告をするのか、楽しみに待っていてくださるとモチベーションになるのでとてもうれしいです。