成人式には行かなくて正解でした。行きたくないと思っている人へ伝えたいこと

親からは、「一生に一度の成人式だよ! 行かなかったら後悔するよ?」と言われましたし、ネットを見ても「行ったほうがいい」という意見ばかり…。

でも、ボクは行かなくて良かったと心の底から思っています。

成人式に行かない人たちは何割?

成人式に行くのが普通だと思っているからこそ、この記事を見ているのだと思います。学校を休むことと同じように、成人式に行かないのが当たり前な世の中だったら検索するまでもないですからね。

じゃあ、「成人式には行くのが普通」という意見が多い中で、どうして「行きたくない」と思ってしまうのか。それは、過去に何か嫌なことがあったとか、会いたくない人がいるから、とかきっとネガティブな理由から来るものじゃないでしょうか。僕自身、ウェイマン共にこっぴどくいじめられた過去があるので行きませんでした。なので、よ~く分かります。

で、もし本当にネガティブな理由から行きたくないと考えているのなら、別に行かなくてもいいと思うんですよ。成人式なんて無理して行くものでもないですから。

「そんなこと言われても、一生の一度の成人式だぜ?」と思った方もいるかもしれません。じゃあ少し話を買えましょう。実際のところ、どれくらいの人が成人式を休んだのか。
日本法規情報の調査によると、「31%」もの人が成人式を欠席しているのです。

これ、結構な数じゃないですか?(笑) ボクの通っていた中学は1学年約160名で5クラスありました。31%だとすると、約50名もの人が成人式に来てないことになります。これは凄まじい欠席率だと思います。

どう考えるかはご自身の考え方次第ですが、少なくともボクは「行くのが当たり前」だとは思いません。

僕も父に「成人式は行って当たり前」だなんて言われましたが、要するにこれは父の時代に「行くのが当たり前」「行かないやつは例外」だったのであって、SNSや各種ネットニュースの反応を見るに、近年は微増どころか急増傾向だと感じてます。まあ要するに、行かない人は非常に多いってことですね。

「後悔」と同じくらい、考えるべき大切なこと

「やる後悔より、やらない後悔。」
こんな言葉があるくらい、やらない後悔というのは大きなものになるそうです。

ただ、これにはある重大な考えが欠如しています。それは、「不快感」です。確かに、後悔という面だけで考えればやる後悔よりもやらなかった後悔の方が大きくなるんでしょう。つまり、成人式でいうなら行かなかったときのほうが後悔は大きい。

でも不快感を考えるとどうなります? 行かなかったときの不快感よりも、行ったときの不快感のほうが大きいとボクは考えます。

もちろんですね、実際はどうなるか分かりません。ウェイマンだって、今は考えを改めて更生しているかもしれないし、年齢を考えたらもむしろ更生していないと心配になるレベル。ですが、今だけの問題じゃないでしょう。顔を見ることによって昔のことを思い出したくないのです。少なくともボクはそうです。

だから行かなくて正解だったと思っていますし、不快感のことを考えれば後悔したほうがマシ。そう思いました。

成人式に行かない人の数を知った上でどうしますか。

楽しめるか、楽しめないか。それって結局、その人次第であるし、行ってみなきゃ分からないことです。だから行く意味ってのは十分にあると思いますし、楽しめる可能性を放棄して、不快にならない選択をするのも極めて正常な判断だと思います。

ただ、あなたは今、成人式に行かない人の数と、行かなくて良かったと思っている一個人の感想を知りました。これはどちらも事実です。

僕はいま、この事実を伝えましたから、これ以上のアドバイスは出来ませんし、ありません。

「最後に自分の判断が正解だった」と思えるようにするためにも、最後はご自身で判断されるのが立派な選択ですよ。