からかわれた時の対処法は「反応しない」が一番!

f:id:mfudn:20170913052509p:plain

接客業に就いているとお客様からからかわれることは多々あります。このようなケース(お客様からからかわれた場合)の対処法は以前、記事にしました。

www.mfudn.com

今回はそれ以外の場面(主に職場)で、からかわれた時の一番ベストな対処法をご紹介しようと思います。上司や部下・友人から、からかわれた時はどうすればよいのか。ぜひ、参考にしてみてください。

結論:「反応しない」が最強!

いきなり私事になってしまうのですが、いい機会なのでお話させてください。数か月前に職場が変わりました。当然、新人なので指導してくださるのですが、はっきり言って今までで中で一番最悪な指導でした。

飲食業なのですが、入社二日目でメニューを覚えていないと「頭悪い」と言われ、更に「遅い」「女の子に負けている」だの、やる気を削ぐ発言を繰り返し言われたのです(以下、「トレーナーA氏」と呼ぶ。)

僕はその都度、「はい、頑張ります」「努力します」と返していたのですが、「頑張るだけじゃダメや。やらなアカンねん。」「努力するじゃなくて、完璧に出来るようにしろ」と、まるで根性論で全てが解決できるかのように言い返されたので、「これは反応しても無駄だな」と思い、以来無言を貫いてみました。

周りの目があれば「死体蹴り」は出来ない

すると、トレーナーA氏の言動は一変しました。どうしてでしょうか。

無反応とは、一切の言い返しをしない状態。つまりこれは、無抵抗とも言いかえられます。

周りに自分の行動を見られているにも関わらず、無抵抗の相手にさらなる追い打ちを掛ける行為。言わば”死体蹴り”のような行為は、勇気のない人間には中々出来ることではありません。ましてや学校ではなく、社会の中です。

その大人気ない行為を周りから見られている認識は本人も持っていたようで、恥ずかしく思ったのか、冷静さを取り戻したのか、もしくはその両方かもしれません。

それ以来、トレーナーA氏の滑稽な言動は大きく減りました。

お遊びは一人でやっとけ!

お遊びは一人でやらせておく。これが一番です。こちらは反応すら返してあげない。すると、まるで肩透かしを食らったかのように相手は落ち着いていきます。いくら相手が幼稚と言えども、社会に出ている以上「一線を超えてはいけない」ということは自覚しているはずですから、こちらは落ち着いてオトナの対応をしてあげましょう。

まずは反応しないことから始めてみる!

「からかい」は相手の反応を楽しんで自らの精神的満足を得るための行動なので、思い通りにならなければそれを続ける理由はなくなります。

からかってくる相手にとって、自分もしくは自分達だけしかゲームに参加していない状況は楽しくないので、この感覚に一番近い”反応しない”は、役立つに違いありません。

からかいを受けてお困りなら、まずは「反応しないこと」から始めてみてください!

おすすめの一冊