5年後のために今すぐ行動すべき理由

あなたはこれからもずっと今と同じ生活を望んでいますか?

きっと、ほとんどの方が「ノー」と答えるでしょう。

もし本気でこれからを今より良い生活を送りたいと考えているなら、明日ではなく今日から習慣と行動を変えていかなくてはいけません。

なぜなら、それには5年かかるからです。

一万時間の法則は5年かかる

どのようなことでも、プロレベルになるためには1万時間が必要だと言われています(プロという言葉の定義も曖昧ですが、ここでは一人前と定義しておきます)。

これは一万時間の法則とも呼ばれています。

では、なぜ5年後なのか。

一週間のうち仕事のある5日、4時間勉強したとしましょう。20時間で4週=80時間です。

仕事のない日は、14時間勉強×休日2日で、28時間を4週=112時間。大雑把に120時間としましょう。

つまり80+120=200時間を一ヶ月に勉強できますね。一年だと2400時間です。

2400×5年間で12000時間です。見積もりは大雑把ですし、基本的には上記のような勉強時間が守れるとは思えません。考慮し、2000時間マイナスして現実的に考えると10000時間の学習時間を確保するのに5年間はかかると言えるでしょう。

計算方法によっては3年でも実現は可能なのですが、仕事をやりながらだと現実的にはかなり厳しいのではないでしょうか。

上記の理由から本記事では一万時間の法則を達成するのに5年かかると考えています。

それにしても、仕事のある日ですら4時間も学習時間に費やさねばなりません。

捻出が不可能な時間ではありませんが、娯楽の時間なんて一切ないことが分かります。

遊んでるだけでは5年後もそのまま

遊ぶのが駄目だというつもりは一切ありません。本当です。

その人の人生ですから、どんな生き方をしようとそれは自由だと思ってます。

ただ5年後の生活を変えていたいと思うのなら、そのままでは恐らく実現不可能です。

なぜなら、世界は進んでゆくからです。

今、世界ではAIやロボットが仕事を次々を奪っていっています。これはもうご存知いただいておりますね。

人間も負けじと勉強をして、自分にしかできない仕事を見つけるなど、努力をしています。

でも、努力をしていない人もいます。

つまり、これから遊び呆けて努力をしていない人は世界からどんどん置いていかれます。

置いていかれても日本では最低限の生活は送ることができますが、間違いなくこれから格差はどんどん広がっていきます。

歳を取り、年齢的にも、経済的にも不利になってから頑張るようではとても遅いのです。

だって、一人前になるのに5年かかるんですから。

だから今から始めよう

じゃあ年齢的にも経済的にも厳しい今からじゃ遅いのか?という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

それでも今からやるべきです。たとえ5年かかったとしても。

同じことの繰り返しですが、今やらなければ5年後も今のままなんです。

今やらなければきっとまた5年後も後悔していますよ。

行動しなければ何も変わりませんが、行動すれば何かが変わる可能性は生まれます。

迷っている時間なんて本当に無い。今からやらねばいけないのです。