生徒による教師への暴行と体罰について思うこと

福岡で、高校生と中学生がそれぞれ教師を殴って逮捕されました。

一部の保護者が「将来があるので逮捕するとは思わなかった」といった発言をしたようですが、逮捕されるのはごくアタリマエのことでしょう。
誰が言うまでもなく、暴力は悪いことです。それが正当防衛であったとしても、(賛否あれど)悪いことではないだけで決して良いことにはならない。

しかも今回の場合は、生徒による一方的な暴行なので、その悪質さは到底許せるものではありません。これは逮捕されて当然です。

ただ、高校側は当初「被害を受けた教師の意向もあり、被害届は出さない」としていました。これはどう考えても明らかにおかしい対応です。

傷害罪は親告罪ではないので、教師の意向があってもなくても生徒は逮捕されます。つまり、被害届を出すことで警察に速やかな逮捕をお願いすることが最良の対応でした。最終的に被害届を出してはいますが、世間の反応を見て急遽一転させたような対応はあまり好感を持てません。

もっと言うならば、ここは学校。教師にとっては教育する場です。
人に暴行を加えることがどうしてダメなのか、相手がどうなるのか、教えてあげなくてはいけないのです。学校が暴行を黙認しているのだとしたら、加害生徒は今後「暴行しても許してもらえる」と思うようになるかもしれません。こんな考えのままで社会へ出てしまったら取り返しの付かないことになります。

だからこそ今、高校生の間に、人に暴行を加えると”逮捕される””暴行は許されない”ことをはっきり教育してあげる必要がありました。今頃、加害生徒は身をもって痛感しているでしょうが。

このことから、逮捕が如何にアタリマエのことであったか、分かっていただけたと思います。

体罰とは抑止力。教育じゃない!

ただ最近、Twitter上で「教師に威厳がないから殴られる。体罰はやはり必要」というような意見を目にしたのですが、この問題を体罰問題と結びつけるのはおかしいでしょう。
日本国内で人を殴ると暴行罪、怪我をさせたら傷害罪になります。これがどうして、親子や教師であれば許されることになるのでしょう?
教育する立場ということであれば上司と部下の関係も同じですが、この場合体罰とは呼びませんよね。
子に対してだけ許されるというのが如何におかしいことか、分かるでしょう。

だいたい、教育に暴力は必要ありません。体罰で事態の一時的な収束は図れるかもしれませんが、それはだいたい再発します。体罰とは抑止力であって教育ではないからです。
どういうことか。いじめをしている生徒を教師が体罰を与えたとします。以降、その教師の前でいじめることはないでしょうが、教師が見ていないところでいじめを繰り返すのです。抑止は出来ても根本的な解決は出来ていません。相手は何も学んでいないので教育とは呼べないのです。

体罰の非建設性

日本では一貫して体罰は禁止されていますが、もし容認された場合、ガイドラインが作られるだろうとは思いますが、体罰が必要かどうかの最終判断は教師がすることになるでしょう。些細な事でも体罰する教師が出てきても不思議ではありません。

実際に体罰されたとき、生徒は一体どんな気持ちになるでしょうか。反応は大きく2つ考えられます。

  • 心が折れる
  • ふてくされる

些細な事で体罰が行われたら、心が折れる子が出て来るでしょう。
「これほどまで殴られるなんて腑に落ちない。だけど悪いことをしてしまったのは自分だし…。」と考えて落ち込んでしまうタイプです。「学校に行きたくない…。」と言い出すのもこのタイプの子でしょう。

一方でふてくされる子もいます。
「たったこれくらいのことで、こんなにも殴られるのはどう考えてもおかしい!もうあいつの話なんて聞いてやらねえ!」と考えて、目一杯の反抗をしてきます。
確かに、周りに迷惑をかけるのはこちらのタイプの子が多い印象はありますが、一々反抗されていては正常な教育に支障をきたします。

このように、教育することを考えれば体罰は非建設的なのです。学校はあくまで教育の場ですからね。

先述しているとおり、体罰は抑止力としては機能しますが、相手は何も学んでいないので根本的な解決にはなりません。教師のいないところで、または社会に出てから周りに迷惑をかけてしまいます。

さらに最終判断権が教師個人となると、宿題を忘れただけで体罰が行われることも想定できます。

”体罰されないように宿題を持ってくる”。「これは結果的に生徒のためになっているんだからいいじゃないか。」というような声もありそうですが、教師が変わればやらなくなるし、恐怖心から嫌々やっている勉強を好きにはなれないでしょう。結局、体罰は非建設なんです。

毅然とした”大人の対応”をする。それだけでいい

では一体、暴れる生徒に対してどんな教育をするべきか。
毅然と向き合うことです。どうして人を殴ってはいけないのか分かっていないのなら、考えさせるのです。大抵の場合、「もう高校生なのに、やっちゃいけないことも分からないのか。話しても無駄だな」というように、教育を放棄してしまいがち。ただ、親がロクに教育されず、そのせいで小中学校でも教師から「世話が焼ける奴だ。こいつに何を言っても無駄だ。」というように教育を放棄されてきたのなら、高校生になっても分からないということは十分に有り得る話でしょう。それを社会に出る前に教えてあげるのが教師の責務です。

同時に、暴力など犯罪行為を受けた場合にも毅然と対応することです。暴力行為を未然に防げなかったのは残念ですが、日本国内で暴力行為を行うと逮捕されます。
暴力行為は断じて許されないということを、身をもって経験させることもまた教師の責務。体罰や叱責は必要ありません。ただただ、社会の厳しさを痛感させることが一番の社会勉強になるのです。今回の場合で言うなら、逮捕ですね。

まあ長々と書いて結局何が言いたいかというと、暴力振るうやつは全員消えてくれ!!!